本文へ移動

新型コロナウイルス対策に関するお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが5類へと移行する 5月 8日以降の対応につきまして、下記の通りとさせて頂きますのでご案内申し上げます。
お客様、ご家族様、関係者の皆様には引き続きご不便をおかけ致しますが、感染防止に対するご理解とご協力をお願い致します。
 
令和5年 6月 1日更新

面会・来客対応

面会につきましては、感染対策を実施した上での短時間での対面面会を継続して参ります。完全予約制とさせて頂きますので、面会をご希望される場合は前日までに事業所へご連絡をお願い致します。
 
●面会時間は午前10時~午後5時、面会は15分程度の短時間でお願い致します。
●面会場所は相談室、もしくは玄関先となります。
●面会者は1回につき2名様までとさせて頂きます。(18歳以上の方のみ、18歳未満の方は下記のオンライン面会をご活用下さい)
●面会の際は検温・手指消毒、マスクの着用、問診票のご記入へのご協力をお願い致します。

オンライン面会について

遠方の方にもご面会頂くため、スマホ・タブレット・PCを使用したオンライン面会を行っております。
 
●毎週土曜、日曜の14時~16時にZOOM、またはFTケア(事業所敷地内)を使用して実施。
●面会時間は10分~15分程度とし、完全予約制。
 
ご予約の際は月~金曜の9時~17時の間に、各事業所へお電話下さい。

来設にあたっての注意事項

●当日、風邪症状や体調不良が見られる場合は面会をお控え下さい。
●来設1週間前の体調確認をお願い致します。37℃以上の発熱があった場合や、同居のご家族様に発熱があった場合は面会をお控え下さい。
●来設前1週間の間に、新型コロナウイルス感染が疑われる方との接触、または濃厚接触者との接触があった場合も面会をお控え下さい。
●面会の際は飲食は禁止とさせて頂きます。

マスクの着用について

マスク着用につきまして、厚生労働省より令和5年3月13日から、個人の判断となる旨の方針が出ておりますが、高齢者施設等につきましては、従業者については勤務中のマスク着用の推奨、また高齢者施設等への訪問時の訪問者のマスク着用が推奨されております
以上を踏まえ、今後のマスク着用につきまして、職員の勤務中のマスク着用・面会時のマスク着用については継続させて頂きます。またご利用者様につきましては、6月以降は任意の着用とさせて頂きます。
その他、状況により判断させて頂くこともございますので、ご理解とご協力をお願い致します。

感染予防対策

●共有スペースや居室で1日6回、10~15分の換気を行い、換気表に記載。
●デイフロアに扇風機を設置し常時空気を循環。
●共有スペースの定期的なステリプロ、またはセイフキープによる消毒の実施。
●利用者様と接する際はマスクと目の防護具を着用。食事の配膳・下膳時は手袋も着用。

利用者様の体調管理

●ご自宅、及び職員送迎の際に検温を実施。
●事業所到着時に手洗い、うがいと手指消毒、健康状態のチェックを実施。
●サービスご利用中にも適時手洗いうがいと手指消毒を実施。
●入浴・食事等を除き、終日マスクを着用。
 
ご利用者様に発熱(37.0℃以上)・咳などの症状がある場合、同居されているご家族様等に発熱(37.0℃以上)が見られる場合、ご利用を控えて頂きますようお願い致します。
また、ご本人様・ご家族様が感染者急増地域に外出された場合や、感染者急増地域からいらっしゃった方との接触があった場合、ご利用者様に症状が見られなくとも2週間ご利用を控えて頂きますようお願い致します。

職員の体調管理

●出勤前に検温を行い、発熱が認められる場合や体調が優れない場合は事業所に報告。
流行地域においては出勤前に抗原検査の実施
●出勤時も検温を行い結果を検温表に記録し、当日出勤職員の健康状態を確認。
●37.5℃以上の場合は出勤停止。
●37.0℃以上の発熱がある場合は解熱後24時間を経過してからの出勤。
●不要不急の外出は控え、三密(密閉・密集・密接)の空間は避ける。
●行動履歴把握のため休日も検温を行い、外出した際は外出先を記録。
●利用者様へ感染させる事のないよう、最大限の自己努力を行う。
全職員ワクチン接種の実施、やむを得ない事情により未接種の職員は月2回の抗原検査の実施
TOPへ戻る